日光の紫外線

昨今では、自動売買取引でFX投資する人が無視できない数になっているようです。FX投資においては、投資していた外貨が急に、大幅に下落すると動転してしまって、上手に損切りできないことがあります。なるべく損失を少なく済ませたいとの気持ちが損切りする機会を逸するように働くのです。株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、それでも特によく相場が動く時間帯はあります。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、大まかですが日本時間にして21時~午前2時頃は取引が活発になり相場が動きやすいとされています。相場が動く要因としては、特にアメリカの雇用統計や各国GDPなど経済指標の発表があると相場に大きな変動が起こることもあり、留意しておく必要があります。相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか調べておくと良いですね。

りぷさぷり